研究会設立の趣意

 我が国に作業療法が公式に導入されてから早50年の歳月が経ちました。昭和40年に21名から出発した作業療法士も既に7万人を超えるに至りました。このことは我が国のリハビリテーション医療や地域福祉制度の発展の賜物であり喜ぶべきことであります。

 

 しかし一方で急速な作業療法学科の学生数の増加は、養成教育および臨床教育に様々な歪みも生んでいます。作業療法教育の代表的な教科書である作業療法全書(改訂第3版)は13巻、3600ページを超えており、学生が学ぶべき量は膨大となりました。

 

また慢性的な実習地不足は、臨床教育者へ過度な負担を強いる結果ともなっています。その結果、臨床教育において学生は対象疾患や年齢層等をバランス良く学ぶことを期待されながら、現実には発達領域や精神科領域での臨床教育を経ずに卒業して行く学生が増えていくことになります。

 さらにケースレポートを中心とした指導は、終業後の1対1によるフィードバックとなりやすいため、学生からみるとパワーハラスメントやアカデミックハラスメントと捉えられかねない状況を作ってしまいかねません。

  このように高度な知識と技術を備えた作業療法士の養成という社会からの要請に、作業療法士の教育体制は十分に応えられていないのが現状だと思われます。

 しかし我が国の医学教育も遅々とではありますが、問題基盤型学習(PBL)、客観的臨床能力試験(OSCE)、そして臨床参加型実習(クリニカル・クラークシップ)へと改革を進めて来ました。具体的には「学生を子供扱いし、最新の知識を教員が教えなければ学生は学ぶことができない」とした知識偏重型あるいは教育者中心の教育システム(pedagogy)から、「作業療法を学ぶ学生は成人であり、学ぶためには長期に渡る修養と成熟を求められる」という学習者中心の成人学習システム(andragogy)へという教育観の転換が図られてきています。

 

この転換は、養成校教育と臨床教育が車の両輪となって進めていかなければなりません。養成校教育がいくら成人学習システムに移行しても、臨床教育が従来の知識偏重型では逆効果となります。また養成校教育が相変わらずの知識詰め込み型ならば、いくら臨床教育を臨床参加型にしたとしても十分な臨床教育効果は望めません。

 

 以上のような問題意識から我々は「クリニカル・クラークシップ型作業療法臨床教育研究会」を設立します.この会は、養成校教員と臨床教育者が協力して、学生が主体的に学び、臨床経験を深め、作業療法士としてのやりがいを感じられるような効果的な作業療法の臨床教育を探求し、もって作業療法士教育の向上に寄与しようとするものであります.

 

平成286月吉日

発起人:毛束忠由(目白大学保健医療学部作業療法学科)

     會田玉美(目白大学保健医療学部作業療法学科)

     坂本安令(横浜市立大学附属病院)

     山倉敏之(筑波記念病院)

     小林隆司(首都大学東京)

  鈴木憲雄(昭和大学)

     小岩伸之(八雲総合病院)

     柴 貴志(岐阜県立多治見病院)

     渡邊基子(介護老人保健施設ゆうゆう)

  市川和子

  星克司 (埼玉県立総合リハビリテーションセンター)

  小林幸治(目白大学保健医療学部作業療法学科) 

      野村健太(目白大学保健医療学部作業療法学科)